バイクの買取はバイク王にお任せ!

買取

一般的に、買取の方が下取りよりも高値になるといわれています。
その大きな理由は、買取業者のほうが買い取ったものをさばきやすいからです。
買い取ったバイクの多くは業者間のネットオークションなどで取引されるため、顧客は全国にいるということになります。

つまり在庫として買い取るというよりは、あくまで仲介しているという感覚が強くなります。
また海外への独自の販売ルートを持っているところも多いため、不動車や事故車、またカスタムなどで個性的なものも取り扱っているところが多いです。

下取り

下取りに出すということは、新しいバイクに買い替えるということです。
ということは、下取りをしてもらうのはバイクの販売をメインにやっている店舗のはずです。
店舗を構えているということは、買い取ることよりも売ることのほうが得意でしょう。

そして中古バイクとして販売するということは、基本的には店頭販売になるので、買い取ってから売れるまでは在庫になります。
店舗としては在庫はあまり持ちたくないので、売れる前提ではなく在庫として下取りをしなければいけません。
なので下取りは、買取業者より安くなる傾向にあるといわれています。
その分新車の代金を値引きしてくれるというのはありますが、買取業者の場合はそれがもともと買取金額になっているわけですので、買い替え車両の値引き、というのは注意が必要です。

そして店頭で売れる見込みがないと買いにくいため、一部のコアなファンにのみ人気の古い型番や廃番のもの、またカスタムされているものは取り扱いがないか安くなりがちです。
また直接商品にはなりにくい不動者や事故車は、取り扱っていないという場合も多くあります。

メリット・デメリット

買取業者は、買い取ったあとの自由度も高めですので、買取価格も期待しやすいでしょう。
また一括査定などを使えば複数社から一度に見積もりを出すこともできます。
準備さえしっかりしていれば、あえてデメリットというのはないともいえます。

下取りは、仮に思ったほどの価格にいかなかったとしても、そのお店との関係も含めてのことになるのでしょう。
例えばそのバイクを買った店舗であったり、昔からの付き合いがあったり。
特に修理などに関して、相談できる正規のプロがいるのはありがたいことです。

ただ買取業者に売ってから新しい店舗でバイクを買えば、それで新しい関係性も築けますので、そこまでこだわる必要はないともいえます。
昔はバイク屋さんとの付き合いというのも重要だったかもしれませんが、これだけネットが普及している時代ですから、考えすぎずにあなたにとってベストな方法を選びましょう。

 

© 2019 バイク買取 rss