バイクの買取はバイク王にお任せ!

●複数社からの見積もり

バイクにかぎらず基本中の基本です。
同じものでも系列によって買取価格はけっこう開きがあるものです。
また特に初めての売却で、業界に関わったことがあるかたでもなければ、相場の見当もつかないでしょう。
より高い提示額のところに買い取ってもらうには、複数社から見積もりを取ってもらう必要があります。

そこで登場するのが買取比較の一括見積もりサイトです。
有名なところでいうと、「バイク比較.com」「バイクブロス」です。
複数社を一括で査定してくれるので、とても便利です。

ですがこれも基本中の基本、一括査定はその連絡が一気にきます。
たとえば仕事中にたまたま見つけたので気軽に申し込みをしてみた、すると嵐のように電話がかかってきた、ということになりかねません。

自分は過去に引っ越しの一括比較を利用したことがあるのですが、しばらく電話が鳴りやみませんでした。
連絡手段をメール限定にしていても、容赦なくかかってきました。
バイクの買取業界がどうなのかはまだわかりませんが、そこは注意をしておきましょう。

ですので、個別になるので手間はかかりますが、初めから厳選の数社のみにしぼるのも手です。
他社の見積書を見せたら高くなった、という声も多くありますし、厳選するというのはひとつの方法でしょう。

●定期的なメンテナンス

バイクの買取の査定をしてくれるのはバイクのプロです。
毎日バイクのことを見て触っているプロですから、いくらバイク好きでも素人が知識や技術で適うわけはありません。
それだけに、きっちりとメンテナンスがされている、大切に乗られている、そういったことは伝わりますし重要です。

エンジンオイルやブレーキフルードの定期交換はもちろんのこと、日ごろかバイクに負担をかけない無理のない走行を意識しておく必要があります。
査定当日は見た目もできるかぎりキレイにしておき、印象をよくしておきましょう。

●すべて真実を伝える

バイク経験者で、立ちごけをしたことがある人は多いと思います。
自分は日本人体型なので足が短く、400ccでも足の指が付く程度。
止まったときに少しでも傾斜があれば、たぶんこけます。
普通の道路なら大丈夫ですが、そうじゃないところでは止まる前に道路の形状を見ておく必要があります。

そんな立ちごけですが、小さいながらもおそらく車体に傷がつくでしょう。
査定をするのはプロですから、もちろん傷も見逃しません。
そんなとき、その傷が立ちごけで付いたものであるなどは伝えたほうがいいと言われています。

事故歴などももちろんですが、基本的にうそはいけません。
それにほぼ間違いなくバレます。
もしそうなったとき、他にもなにかあるかもしれないと思われ、査定額を低く提示されるが場合があります。
相手も人間ですし、すべてを隠さず伝えられると、その姿勢がむしろ好印象に映る可能性もあるでしょう。
むしろそっちを期待しつつ、伝えるべきことはすべて伝えましょう。

●カスタム仕様の場合は純正パーツの保管を

バイクは乗るのが好きな人と、いじるのが好きな人がいます。
自分でカスタムをした場合、取り外した純正パーツは必ず保管しておきましょう。
バイクを売るなんか考えられんからいらん、と思っている人もです。

自分は昔、バイクにはなんの興味もありませんでした。
むしろ、うるさいガラが悪い、といったマイナスの印象しかありませんでした。

ですが学生時代を北海道で過ごしたこともあり、あるキッカケで一瞬でドはまりしました。
もちろんこれは逆も考えられますし、そうでなくとも急な環境変化でどうしても手放さなければいけないときも来るかもしれません。
そんなときのために、カスタム好きな人は純正パーツの保管をオススメします。

© 2019 バイク買取 rss